2010年01月27日

ふるさと牧場元社長に懲役12年 和牛商法詐欺(産経新聞)

 和牛のオーナーになれば高配当が得られるとうそをつき、全国から違法に資金集めをしたとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた「ふるさと牧場」(東京都港区)元社長、相田勇次被告(79)の判決公判が27日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 藤井裁判長は、「犯行時、ふるさと牧場は利益を上げるどころか牛の飼育自体を行っていなかったのに、支払い可能なように装い金銭をだまし取った。組織性、計画性、勧誘方法は巧妙で悪質」と指摘。その上で相田被告を「詐欺システムの確立過程から影響力を行使し、主犯として共犯者を巻き込んだ」と断じた。

 判決によると、相田被告は幹部らと共謀。購入した和牛を牧場で飼育し、販売収益から確実に契約金の返済や還元割当金を支払うとする虚偽のパンフレットで顧客を募り、平成15〜19年、首都圏などに住む39人から計約3億4千万円をだまし取った。 

【関連記事】
和牛商法詐欺 「ふるさと牧場」元幹部に実刑判決
和牛商法詐欺 ふるさと牧場元幹部に実刑判決
和牛商法で家宅捜索 「ふるさと牧場」3000人から100億円
7億円だまし取り“やり手”近ツー社員のペテン師の素顔
サイト利用料を架空請求 2グループ計15人を一斉逮捕

京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)
日米安保改定50年 共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年−前橋地裁(時事通信)
「11年に組員殺害」 強殺で起訴の男再逮捕へ 宮城(産経新聞)
38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
posted by キタハラ ヒロフミ at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。