2010年02月13日

将棋の里見が17歳で女流名人(時事通信)

 将棋の清水市代女流3冠(名人、王位、王将)に里見香奈倉敷藤花が挑戦する第36期女流名人戦5番勝負の第3局が10日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、131手で先手の里見が勝ち、3連勝でタイトルを奪取した。里見は17歳の現役高校生。10代での2冠達成は2人目。 

【関連ニュース】
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦
最高齢棋士有吉九段が引退へ
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦
久保が先勝=将棋王将戦
渡辺が6連覇=将棋竜王戦

調布市議が救命術を学ぶ(産経新聞)
<両堂記>東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開(毎日新聞)
重度障害男性を恐喝=容疑で介護士再逮捕−警視庁(時事通信)
石川議員の対応「倫理観ゼロ」と大島幹事長(読売新聞)
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合(医療介護CBニュース)
posted by キタハラ ヒロフミ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜市長選、現職・細江氏が4選果たす(読売新聞)

 岐阜市長選は7日投開票され、現職の細江茂光氏(61)(無所属)が、いずれも新人のコンサルティング会社社長・浅野真氏(41)(同)、元市立中学教諭・大西隆博氏(44)(同)、主婦・岩田良子氏(52)(同)を破り、4選を果たした。

 同市長選では、細江氏が進めた立命館中高一貫校の誘致問題のしこりなどから、民主、自民の市議がともに分裂、細江氏と浅野氏の陣営に分かれて激突するなど激しい選挙戦となった。細江氏は、財政健全化などに尽力した実績に加え、「改革の継続」「次世代につけを残さない市政運営」などの公約を掲げ、浅野氏らを退けた。

 投票率は39・54%だった。

大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
外交機密費 官邸へ「上納」 政府初認定、違法性は否定(産経新聞)
<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)
<列車往来危険>受験でストレス、踏切に自転車…中3を逮捕(毎日新聞)
宮古島で震度3、津波注意報も(時事通信)
posted by キタハラ ヒロフミ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。