2010年01月19日

国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルで厚労省方針(時事通信)

 外国製の新型インフルエンザワクチンをめぐり、厚生労働省は13日、接種を受ける人が国産、輸入ワクチンのどちらかを選択できるとする方針を明らかにした。順調に承認手続きが進んだ場合、輸入ワクチンは最短で来月3日から出荷が始まり、同月中旬から接種が始まる見通しという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
09年外国人入国者17%減=不況、円高、新型インフル原因
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者

<窃盗>スナックで盗みの男、近くの路上で泥酔し御用(毎日新聞)
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)
小沢氏「検察と戦う」、首相「戦ってください」 異常事態、批判に同調(産経新聞)
東北道で30台絡む多重事故=数人負傷か−福島(時事通信)
舛添氏との連携を示唆…みんなの党・渡辺氏(読売新聞)
posted by キタハラ ヒロフミ at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。