2010年02月20日

宿泊場所1万7000人分提供=年末年始の困窮者対策実績−政府(時事通信)

 政府の貧困・困窮者支援チームは17日、住まいを失った失業者に対し年末年始に一時的な住居の提供などを行った「生活総合相談」に関し、全国の実施状況をまとめた。雇用情勢の悪化を受け、全国で臨時に提供した宿泊場所は延べ1万7654人分に上った。
 生活総合相談は年末年始休みの期間中、全国194の自治体が市役所などの窓口を臨時に開けて実施した。5535人が訪れ、相談件数は仕事探しや生活保護、住居を中心に6163件。また、掛かった国費は7億9000万円だった。 

【関連ニュース】
必然性ないがん治療も=良性腫瘍の死亡患者に
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か
二番底回避、効果に疑問=懸念残る1〜3月景気-2次補正成立
「公設派遣村」終わる=入所者264人が退所
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑

車内で男性死亡、拳銃自殺か=コインパーキングに2カ月−警視庁(時事通信)
観光客増狙い 新組織発足へ 九州新幹線期成会(西日本新聞)
消費税論議、封印したことない=菅氏(時事通信)
<平野官房長官>危機管理「懸念は無用」(毎日新聞)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
posted by キタハラ ヒロフミ at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。